トヨタ純正プレミアムオーディオ/パノラミックサラウンドシステムの音質向上/現行エスティマのスピーカー交換の方法


トヨタ純正プレミアムオーディオには、JBLやマークレビンソンだけでなく、スーパーライブサウンド、10スピーカーシステム、パノラミックサラウンドシステムなどのサウンドシステム搭載車があります。

th_IMG_3871

音質にこだわるユーザーにはイマイチ物足りないトヨタ純正カーオーディオですが、純正オプションならではの良いところもあります。

カスタムカーオーディオ屋がこんな事言うのもなんですが、ユーザー目線で考えると、車種によっては、絶対にオプションで購入しておいた方が良い場合もあるのです。

純正パノラミックサラウンドシステムは、純正ナビとパワーアンプと内蔵のデジタルプロセッサーとたくさんのスピーカーが複雑な車内の音響制御をしているワンセットのオーディオシステムになっています。

DVDシアターサラウンドの制御などは、一般的な社外の汎用ナビと汎用スピーカーでは実現できません。

その様な観点からみると、純正オプションのプレミアムカーオーディオはたいへん優秀であり、絶対にオプションで付けておいた方が良い場合もあるのです。

ただし、

残念ながら、メーカー純正オプションのカーオーディオのスピーカーユニットというのは、どうしても「大量生産のローコストなスピーカー」が付いていますので、音質はイマイチなわけです。

所詮純正オプションレベルの音質になってしまうわけですが、ホットワイヤードでは、メーカー純正オプションのプレミアムカーオーディオを生かしながら、上手にアップグレードする為のソリューションを多数用意しており、たいへんご好評をいただいております。(^^)

 

スバリ、しょぼい純正スピーカーを交換して音質向上を実現するのが一番有効な方法なのです。

ところが、純正BOSEや純正BURMESTER、B&W、MARK LEVINSONなどと同じ様に、トヨタ純正のパノラミックサウンドシステムも、一般的な社外の汎用スピーカーをポン付けで簡単に音質向上という事ができません。

ディーラーやカー用品店、量販店等では、スピーカー交換ができないと言われるようです。

 th_IMG_3872

理由は、色々ありますが、

スピーカーの大きさや形、インピーダンスが特殊な事、さらに純正DPSやアンプから各スピーカーに割り当てられた再生周波数帯域やイコライジングが特殊な事、

つまり、一般的な社外の汎用スピーカーの取り付けが技術的に難しい事と、汎用スピーカーをなんとか取付けしたとしても音質向上が実現できない事が理由です。

 

ホットワイヤードでは、トヨタ純正プレミアムサウンド、パノラミックサウンドシステムに最適な音質向上とスピーカー交換を提案しています。

 

トヨタ純正パノラミックサラウンドシステムの音質向上とスピーカー交換の方法をちょっと詳しくご紹介します。

トヨタ純正パノラミックサラウンドシステムのキモになるのが、こちらのドアの上の方に付いているドアスピーカー。

th_IMG_3881

エスティマのスピーカー交換では要注意。

ぱっと見ツイーターに見えますが、違うんです。

ミッドツイーター、ミッドハイ、ツイドラー、スコーカー、ワイドレンジツイーターなどの色々な呼び名がありますが、このスピーカーは、中高音域を再生するスピーカーなのです。

最近のメーカー純正プレミアムカーオーディオには、このような小型のワイドレンジスピーカーが多く使われる様になりました。

一般的にツイーターが付いている位置に付いていますので、良く見かける間違えですが、2WAYセパレートスピーカーのツイーターと取り替えてしまってはいけません。

中音域の一番大事な音域が再生できなくなってしまいます。(T_T)

ドアの下の方のスピーカーは、中低音域を再生しています。サブウーハー的な役割も持っていますので、より低音再生が可能な高性能なミッドウーハーに交換します。

 

こちらが、取り外したトヨタ純正パノラミックサラウンドシステムの純正スピーカー。

素ノーマルのトヨタ車に比べれば、かなり立派なスピーカーですが、

th_CIMG8619th_CIMG8620

裏を見てみると、やっぱりちっちゃな極小マグネットがひ弱な樹脂のフレームにくっつけてあります。(T_T)

th_CIMG8621

こちらが、今回取付ける、MERCURY CAR AUDIO R62のミッドウーハー。
(トヨタパノラミックサウンド、純正BOSEサウンド、純正JBL、純正ハーマンカードン、2Ωシステムにも推奨)

スピーカーの性能は、マグネットの大きさでおおよそ推測できます。(^^)

th_CIMG8622

 

こちらが、エスティマのパノラミックサラウンドのスピーカー交換の最重要スピーカー、スコーカー(ミッドハイ)用のスピーカーです。

MERCURY CAR AUDIO M40:40mm フルレンジスピーカー:50,000円(税別)(純正2Ωスピーカーシステムにも推奨)

フルレンジの小型スピーカーで、スコーカーやワイドレンジツイーターとして使用できる高性能スピーカーユニットです。

IMG_6282th_IMG_2610

 

エスティマのミッドツイーター/スコーカー/ミッドハイスピーカーは、運転席に向けて少しスラントして取付けてありますので、純正スピーカーから型をとって、スラントのマウントを製作します。

th_CIMG8624

th_CIMG8623

ドアのデッドニング:60000円(税別) 多めコース:80000円もあります。 

  th_IMG_3910 th_CIMG8646

ミッドハイ、スコーカーの取付け完了。

th_IMG_3894 th_IMG_3895 th_IMG_3899  

純正グリルの真裏のパーフェクトな位置に取り付けられた、ゴールドのミッドハイ(MERCURY M40)スコーカーが透けて見えています。(^^)

th_IMG_3925 th_IMG_3927

ミッドツイーターが、スカっと突き抜けるような鮮やかな中高音をパワフルかつ滑らかに再生できる様になりました。(^^)

ミッドウーハーは、タイトでスピード感のある低音をパワフルに鳴らしています。

トヨタ純正ナビのボリューム50以上でも音割れする事もなく、気持ちの良いパワフルなサウンドのカーオーディオに生まれ変わりました。

th_IMG_3938 

 

今回ご紹介した、エスティマのフロントスピーカー交換の費用:

MERCURY CAR AUDIO R62(ミッドウーハー):65000円

MERUCURY CAR AUDIO M40(ミッドハイ/スコーカー/ツイーター):50000円

インナーバッフル製作および配線加工/スピーカー取付一式:67000円

フロントドアのデッドニング一式:60000円

合計:242,000円(税別)

 

トヨタ純正プレミアムサウンド、パノラミックサウンドシステムの音質向上とスピーカー交換はホットワイヤードまでご依頼ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

純正OEMインテグレーション,OEM INTEGRATION
スピーカーの配線:LT青+緑(-)、LM紫+ピンク(-)、RTピンク+紫(-)、RM青+緑(-) 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

エスティマのスピーカー交換の画像:MERCURY CAR AUDIO

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1753892467987153

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">