正しくハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法

「ハイレゾ」という言葉はもう浸透していますが、どうやったら本当のハイレゾカーオーディオを実現できるのか? は、まだ正しく認知されていないようです。

「買ってはいけない」ハイレゾカーオーディオ機器の記事はこちら。

「ハイレゾ対応」などの紛らわしい日本語でのマーケティングで、本来のハイレゾのクオリティーが再生出来ないハイレゾカーオーディオが先行して増えているため、「ハイレゾってたいした事ないよねー」って、ガッカリする事になってしまっている訳です。

 

※2019年11月現在での情報になります。

正しいハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法をざっくり言うと、

①ハイレゾ音源を再生できるプレーヤー + ②DSP = ハイレゾカーオーディオ

に、加えて、

正しい機材を選ぶこと + 正しくインストールすること + 正しくDSPをセッティングすること

と、言うことになります。

※アンプやスピーカーがハイレゾ対応である必要性は、今のところほぼないです。

 

①のハイレゾカーオーディオ機器の選択に関して:

いまままでは、DAP (DIGITAL AUDIO PLAYER) にFLUCなどのハイレゾ音源を入れて、聞く方法が主流でしたが、

これからは、ネット回線を介したストリーミングによるハイレゾ音源の再生が主流になると思われます。

2019年10月にやっと日本でもスタートした、AMAZON MUSIC HD のハイレゾ音源聴き放題定額サービスのようなものが増えていくと思われます。

※実は海外では、とっくにたくさんのストリーミングによるハイレゾ音源の配信サービスが低価格で主流になっており、日本はいつものごとく、謎の支配者の圧力により、これらのサービスが利用できないように細工されています。

 

具体的には、

スマホなどの携帯端末でハイレゾ音源をストリーミングで聴き放題 or 端末にダウンロードして試聴します。

さらに、

端末からbluetoothでDSPで飛ばして、完全に無線のハイレゾカーオーディオシステムの構築も可能になります。
(BLUETOOTHでも音質劣化のないオーディオ機器が出てきているのです。)

 

②の、DSPの選択に関して:

現在ではハイレゾをフルスペックでプロセスできるDSPが増えており、一昔前の、「HELIX or AUDISON だけ」と言う状況は変わりました。

ハイエンドなハイレゾカーオーディオを構築するためのDSPと言う意味では、やはりHELIXが優位なのは今でも変わりませんが、

残念ながら、HOT WIREDのデモカーでも使用しているAUDISONは、ハードもソフトも、昔のまま進化が止まったままの古い機械になってしまっています。
処理速度が遅く、調整ソフトも大昔のままで大変使いにくくて、EQのバンドが少ないなどスペックも低いままで現在に至っており、バグって音が出なくなる程度のトラブルはほぼ100%発生する上に 、初期不良も多く、良く故障して、販売店としても大変困ったイタリアンな(笑) 機械になってしまっているのが現実です。

一方で、後発メーカーのJL AUDIO、GROUND ZEROなどのDSP内蔵パワーアンプ一体機が、高性能かつ、痒い所に手が届く機能を搭載して進化を見せており、比較的低価格かつ省スペースなハイレゾカーオーディオの構築を実現しています。

 

つまり、現在の

ハイレゾカーオーディオ用のDSPとしては、ざっくり2択です。

① Ground ZeroやHELIXのフルスペックDSPで3WAYマルチ等のハイエンドカーオーディオシステムを構築するか?  

② DSP内蔵アンプ一体機で、比較的低価格/省スペースのお手軽ハイレゾカーオーディオを構築するか?

です。

最近は、DSP内蔵アンプ一体機でも、フルスペック(192/96)でハイレゾカーオーディオの構築が可能になっています。

以下に具体的に実現している車両をご紹介します。

 

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないハイレゾカーオーディオを構築したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化の方法のご紹介です。

賛否両論ある日産純正BOSEサウンドシステムですが、ホットワイヤードでは、純正BOSEを生かした上で、スピーカーを交換することでの劇的な音質向上の方法を紹介しています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋th_ZFfGqIhiTI6mX5R%lQF2Kg_thumb_70126

メーカーオプションのプレミアムカーオーディオを推奨するカーオーディオ専門店なんて聞いたこないのですが、(^_^;)

車種別専用設計のメーカー純正BOSEサウンドシステムのパワーアンプ/プロセッサーは、実はとても良い仕事しているのですよ。(^^)

しかし、残念な音質の、

純正BOSEの曇った高音ともっさりした低音の原因は、量産モデルのジョボいスピーカーユニットが原因なのです。

ところが、

純正BOSE付き車両は一般的にはスピーカー交換ができないと言われています。

仮に適当な社外の汎用スピーカーをなんとかつけたとしても、ダウングレードになってしまい、音質が低下してしまいます。

昔ながらの手法で、とりあえずフロントスピーカーだけ交換とか、リアスピーカーは必要ないとか、昭和な考えでは音質向上は望めません。

 

純正BOSEサウンドにはいくつかの特殊な構造/仕組みがあります。

①サイズが特殊で、社外品で適合するものがない。

②インピーダンスの問題で、一般的な汎用スピーカーを取り付けるとアンプ破損の恐れがある。

③BOSE本体が、車種別に特殊な位相の制御をしている。

④各スピーカーが別々の周波数帯域を再生しており、汎用スピーカーでは対応できない。

などの上記の理由に加えて、

純正BOSEサウンドのスピーカー交換ができないと言われる理由は、加工取付が物理的に困難というだけではなく、がんばって汎用のセパレートスピーカーを無理やりつけても音質向上にならないからなのです。

 

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では、BOSEサウンドシステムの特殊な制御を解析/理解した上で、BOSE対応のMercury Car Audioのスピーカーを取り付ける手法で、多くの純正BOSEサウンドのスピーカー交換を手がけており、オーナー様にはご好評をいただいております。

 

今回は、2019年式 R35 GTRの日産純正BOSEサウンドシステムを例に、少し詳しく説明したいと思います。

R35 GTR 純正BOSEサウンドは、全部で12個のスピーカーがセットで一つのサウンドシステムを構成しています。

昔のカーオーディオのように、ただ単にスピーカーをたくさんつけているだけではなく、それぞれのスピーカーが違う帯域の周波数を再生するマルチシステムになっており、全部で一つのシステムとして成り立っています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換R35 GTRから出てきた純正BOSEスピーカー。

 

純正BOSEのツイーター。

とても小さくて、曇った高音の原因の一つである。
th_CIMG7869th_CIMG7870

中高音を担う重要な役目を持っている、センタースピーカー とスコーカー、サラウンドスピーカーは、Mercury Car Audioの2インチワイドレンジスピーカー、M40sにアップグレードします。

w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIRED w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIREDオリジナル インナーバッフル

th_CIMG7866th_CIMG7868th_CIMG7865th_CIMG7862th_CIMG7864

ドアのミッドベースも、、紙のコーンに樹脂のフレームと小さなマグネットのドアスピーカーは手に取ってみてみると、その軽さに驚かされる。

Mercury Car Audio の C62でアップグレードします。

マグネットの大きさがお分かりいただけるだろうか?

th_CIMG7857th_CIMG7861th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701d6th_CIMG7860

 

GTRの純正BOSEのサブブウーハーはなんと、8インチを2台搭載。
ウーハー専用に別体でパワーアンプも搭載しており、トランクをウーハーボックスとして利用する専用設計で、BOSE得意の豊かな重低音を再生する。

ここまで贅沢な純正オーディオシステムを利用しない手はありません。

しかし、

スピード感がなく、もっさりとしたBOSE独特のうっとうしい低音の原因でもあり、その辺も含めて音質向上を狙ってアップグレード&チューニングを施します。

 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e2th_CIMG7856

社外品ではあり得ない極薄サブウーハーは、アップグレードが困難であるが、HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、

ROCKFORD FOSGATE の、P3 SHALLOW  デュアルボイスコイル の8インチサブウーハーにアップグレードします。

BOSEサウンドシステムは、サブウーハーの位相の制御が独特で、これもよくわかってない方が普通に付けるだけだとあまり鳴らなくなってしまうのです。(鳴るけどショボいという状態になる)

しかし、

BOSEの位相の制御とインピーダンスを正しく理解してインストールすると、、摩訶不思議、楽曲によっては少し絞りたくなるくらい量感たっぷりの重低音を鳴らしてくれます。

ロックフォードのP3はデュアルボイスコイルなので、配線はさらにややこしいことになりますが、タイトでスピード感のあるディープな重低音がガッツリ鳴るようになりました。(^^)

th_CIMG7855

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e3

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703f7

純正のウーハーボックスを活用して、テッドニング等のチューニングを施し、HOT WIREDオリジナルのバッフルを加工取付の上、ギリギリのクリアランスを確保します。

th_7B+bjGVOT%ecmcyC1oD0Rw_thumb_7023ath_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_70412th_CIMG8007th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702f7

 

オーナー様とご相談の上、ウーハーボックス取り付け面のアルミのリアボード全面、リアフロアー、サイド部等の金属部部を中心にデッドニングを圧着した後に、さらに吸音材等を施工して、サブウーハーの音質向上とともに、ロードノイズの軽減/車内環境の静音化を実現を目指しました。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702b5th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a0
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a6 th_A7M66RQDR4WQPg9vgjcQFQ_thumb_703b4

R35 GTR のドアスピーカーの取り付けと、デッドニング。

th_VxsNs1TvSgi9FlX71OfNGQ_thumb_70176R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bath_CIMG8108

R35 GTR ドアスピーカーの取り付け。

HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、Mercury Car Audio C62を取付。

R35 GTR 純正BOSE ドアスピーカー交換 ツイーター交換 デッドニング HOT WIRED 名古屋th_i8yPqcrBToiWrzRsR24w+g_thumb_70451

 

R35 GTRのスコーカー取り付け。

3wayマルチスピーカーシステムで、最も重要なスコーカーのアップグレードです。

HOT WIREDオリジナルのR35専用インナーバッフルを使用して、

Mercury Car Audio M40、ワイドレンジスピーカーにアップグレードします。

純正グリルの奥に金色のスピーカーが透けて見ています。

R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋 R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bfR35 GTR スコーカー交換

 

 

R35 GTR ツイーターの埋込加工取付/ツイーターポッド製作。

こだわりの純正位置/純正風仕上げ。

BOSEのツイーターよりもはるかに大きいC62のツイーターをどうやって埋め込むか?

これほどサイズの違うツイーターが純正位置に違和感なく取付することが可能なのか?

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

純正ツイーターの三角パネルを改造して、ツイーターポッドを製作しました。

純正風シボ仕上げです。

違和感なくとても美しく出来上がりました。(^^)

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c8th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c9

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

 R35 GTR の純正BOSEサウンドの音質向上/スピーカー交換は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまだご相談ください。 

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

 

 

 

<!–

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #1d1d1d; min-height: 15.0px}

p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d}

p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #dca10d}

p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d; min-height: 18.0px}

p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #1d1d1d}

p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #1d1d1d}

p.p7 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #dca10d}

span.s1 {color: #1d1d1d}

span.s2 {font: 13.0px ‘Helvetica Neue’}

span.s3 {font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’}

span.s4 {font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’}

–>

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

正しいハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法

「ハイレゾ」という言葉はもう浸透していますが、どうやったら本当のハイレゾカーオーディオを実現できるのか? は、まだ正しく認知されていないようです。

「買ってはいけない」ハイレゾカーオーディオ機器の記事はこちら。

「ハイレゾ対応」などの紛らわしい日本語でのマーケティングで、本来のハイレゾのクオリティーが再生出来ないハイレゾカーオーディオが先行して増えているため、「ハイレゾってたいした事ないよねー」って、ガッカリする事になってしまっている訳です。

※2019年11月現在での情報になります。それ以前までは、こんな感じでしたが、進歩が早くて、今ではこちらも古い情報ですので、正しいハイレゾカーディオを構築する方法をご紹介します。 

正しいハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法をざっくり言うと、

①ハイレゾ音源を再生できるプレーヤー + ②DSP = ハイレゾカーオーディオ

に、加えて、

正しい機材を選ぶこと + 正しくインストールすること + 正しくDSPをセッティングすること

と、言うことになります。

 

①のハイレゾカーオーディオ機器の選択に関して:

いまままでは、DAP(DIGITAL AUDIO PLAYER)にFLUCなどのハイレゾ音源を入れて、聞く方法が主流でしたが、

これからは、ネット回線を介したストリーミングによるハイレゾ音源の再生が主流になると思われます。

19年10月にやっと日本でもスタートした、AMAZON MUSIC HD のハイレゾ音源聴き放題定額サービスのようなものが増えていくと思われます。

※実は海外では、とっくにたくさんのストリーミングによるハイレゾ音源の配信サービスが低価格で主流になっており、日本はいつものごとく、謎の支配者の圧力により、これらのサービスが利用できないように細工されています。

具体的には、

スマホなどの携帯端末でハイレゾ音源をストリーミングで聴き放題 or 端末にダウンロードして試聴します。

さらに、

端末からbluetoothでDSPで飛ばして、完全に無線のハイレゾカーオーディオシステムの構築も可能になります。
(LDAC Bluetoothレシーバー:55000円(税別))で音質劣化のないワイヤレスハイレゾカーオーディオが完成します。(^^)

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き ハイレゾカーオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

 

 

 

 

②の、DSPの選択に関してですが、現在ではハイレゾをフルスペックでプロセスできるDSPが増えており、一昔前の、「HELIXかAUDISONだけ」と言う状況は変わりました。

ハイエンドなハイレゾカーオーディオを構築するためのDSPと言う意味では、やはりHELIXが優位なのは今でも変わりませんが、

残念ながら、AUDISONはハードもソフトも、10年以上前のデビュー当時のまま進化が止まった古い機械になってしまっています。
処理速度が遅く、調整ソフトも大昔のままで大変使いにくくて、EQのバンドが少ないなどスペックも低いままで現在に至っており、バグって音が出なくなる程度のトラブルはほぼ100%発生する上に(笑) 、初期不良が多く、良く故障して、数年前に倒産した輸入元の対応も良くないので、販売店としては大変困ったイタリアンな機械になってしまっているのが現実です。

実際、HOT WIREDでも、JL AUDIO、GROUND ZEROなどの、後発メーカーのハイスペックで使い勝手の良いDSPや、DSP内蔵パワーアンプ一体機をつかった、お手軽、省スペースなハイレゾカーオーディオの構築が増えています。

つまり、

ハイレゾカーオーディオ用のDSPとしては、ざっくり2択です。

GROUND ZERO か HELIX で、4WAYマルチ等のハイエンドカーオーディオシステムを構築するか? 

JL AUDIO や HELIX などの、DSP内蔵アンプ一体機で、比較的低価格/省スペースのお手軽ハイレゾカーオーディオを構築するか?

です。

最近は、DSP内蔵アンプ一体機でも、フルスペック(192/96)でハイレゾカーオーディオの構築が可能になっています。

以下に具体的に実現している車両をご紹介します。

 

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないハイレゾカーオーディオを構築したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BMW 523i ハイレゾプレーヤー+Morel 3wayスピーカー取付+Helix DSP+サブウーハー

BMW 523i ツーリング のスピーカー交換

純正ナビを生かしたままで、SONYハイレゾプレーヤーで、モレルの3wayスピーカーをならす方法のご紹介:

スピーカー交換がやりにくい事で有名なBMWですが、F10,F15 BMW 523i/535i/525iなどは、シートの下に特殊なスピーカーがついています。

AUDISON,GROUND ZEROなどから BMW専用スピーカーセットが出ていますので、それらを使用するのが一番簡単な方法ですが、今回は、たいへん苦労してMORELの3WAYスピーカー+サブウーハーを純正位置に取り付けしました。(;^_^

純正でフロント4WAYのマルチシステムになっていますので、パワーアンプの取付も簡単にはできません。

BMWは、純正ナビの交換もできません。

SONYハイレゾプレーヤーで、本格的なハイレゾカーオーディオを構築するために、たいへんな改造が必要になります。

HELIXやAUDISONのDSPを組み込んで、純正のツイーター/ミッドレンジ/ミッドベース/サブウーハーの4WAYの音楽信号をミックス(サミング)してから、プロセッサーを通してパワーアンプに入力する必要があります。

th_CIMG2358

こちらが、BMW純正シート下のスピーカーです。th_CIMG2377

ワンオフでバッフルを切り出して、純正のスピーカーボックスにフィッティング。th_CIMG2378 th_CIMG2376th_CIMG2385 

 

BMWのシート下スピーカー位置に収めるためには、スピーカーのサイズがかなり厳しいのて、相当工夫して取り付けする必要があります。

 

th_CIMG2387 th_CIMG2402 th_CIMG2403 th_CIMG2408 th_CIMG2409

 

ドアにもワンオフのバッフルを製作して、ミッドレンジを純正位置にインストールします。

 th_CIMG2513

th_CIMG2514

ツイーターも、純正位置に取り付け。

th_IMG_9405th_IMG_9406

 

ドアは無加工で純正の見た目をキープです。

th_CIMG2428
th_CIMG2439

 

 

BMW純正ナビに、ハイレゾプレーヤーを組み合わせて、HELIXのDSPで制御します。

パワーアンプとヘリックスのプロセッサーは、トランクのフロアーに取り付けます。

th_CIMG5059

HELIXのコントローラーは、小物入れの中に取り付け。

th_CIMG5065

トランクには10インチのウーハーボックスを載せますが、黒のカーペット仕上げで、わりと目立たないスタイルで取付ができました。
th_CIMG5066

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ベンツ Gクラス G55/G63 スピーカー交換/ツイーター交換 サウンドナビ+ステリモ

ベンツ Gクラスのスピーカー交換と、ツイーター交換のご紹介です。

ナビは三菱サウンドナビ200プレミに純正ステアリングリモコンを使えるようにしました。

th_CIMG2269th_CIMG2267

 

ベンツ純正BOSEサウンド付きは、ダッシュボード上の左右にツイーターとセンタースピーカーがついています。

th_CIMG2268

 

MERCURY CAR AUDIO 2WAYセパレートスピーカー R62:65000円(税別)

音が出た瞬間に、パッと明るくなって、「おっ、いい音になった!」と体感できるわかりやすさがマーキュリーのスピーカーの特徴です。

th_IMG_1513th_IMG_1509 th_IMG_1511

 

 

悪名高いGクラスのツイーター交換です。(>_<)

純正ツイーターの取り外しはほぼ不可能と思われるレベルです。

MERCURY CAR AUDIO の R62の小型のツイーターなら、サイズ的にギリギリで純正位置に取り付けることが可能です。

th_CIMG2266

 

AUDISON PRIMA AP5.9bit のDSP内蔵小型アンプとAUDISON の薄型サブウーハー APS10D の組み合わせです。

 th_CIMG2259

 

ベンツ純正ナビの交換、ベンツのスピーカー交換/ツイーター交換は、ホットワイヤードまでお問い合わせください。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************